お部屋に絵を飾りましょう
by 棚倉樽
ご挨拶
福島に生まれ青森に育つ。18歳で画家を志し上京。紆余曲折の末、50歳にして画業に専念。油彩&水彩の風景画・人物画に日々取り組んでいます 。
facebookもよろしく→https://www.facebook.com/tarutana

★絵に関する問い合わせ等はお気軽にこちらへ→055.gif
カテゴリ
全体
古事記・絵物語
名画模写100選
美術見聞録
ロックスター画
ムービースター画
日本美人図
日本の趣
人物画
風景画
東京名所図会
松戸名所図会
日本名所図会
棚倉名所図会
希望の絵
立体造形
アスリートの肖像
個展・作品常設店
青木繁 考
岡本太郎 考
本・映画・音楽
思い出絵日記
若い頃の作品
絵画作品Tシャツ
怪談画
プロフィール
未分類
最新の記事
映画『モリのいる場所』を観る
at 2018-10-23 16:28
出雲井 晶著『わかりやすい日..
at 2018-10-20 16:46
素晴らしきエログロおバカ映画..
at 2018-10-16 23:06
安野光雅著『絵のある自伝』を読む
at 2018-10-01 19:12
待望の内孫誕生
at 2018-09-23 01:24
作品『We love 安室奈..
at 2018-09-11 17:14
作品『黒書院の六兵衛』
at 2018-09-02 18:28
作品『縄文展の少女』
at 2018-08-26 17:17
東京国立博物館『縄文展』へ行く
at 2018-08-25 20:00
消えた駅前喫煙所 in 松戸
at 2018-08-22 14:39
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


個展十一日目

今宵は自転車仲間のGさんがいらっしゃいました。
サイクリングで二、三度お会いしただけで、大した会話も交わしたことの無いGさんから、「PCの画面ではなく実物を是非観たい」とのメールを今週月曜に頂いておりました。ん〜実に嬉しく、そして緊張感が走りましたねぇ。

開店まもなくご来店。ギャラリースペースにお通しし、ビールで乾杯。
Gさん、座ったり立ったりと一点一点を丁寧にご鑑賞されました。私の解説にも思わず熱が入ります。「いや〜実物は全く違うねえ」と感心されておりました。自転車談義も挿みながら、結局一時間弱楽しくお話させていただきました。

COLORSを後にして、私行きつけのお馴染み「志ろう」へご案内。
聞くとGさんは私より一回り上の亥年。個展初日にお越しいただいたNさんと同年代ですね。大先輩と飲めるのも自転車のお陰なのであります。
歌舞伎がお好きなGさんから、「君の絵は実に日本画的である」とのお言葉を戴き、とても感激いたしました。洋画家である私のオリジナリティのひとつであると感じたのです。
「棚倉 樽の絵は日本的」、このお言葉は実は沢山の方々に戴いておりまして、ロックスターの肖像画にさえ、「写楽的で面白い」と評される方もいらっしゃいます。意識しての創作でもないこのテイストは、今後の画業の中でも大事にしてゆきたいと思うのでありました。

心地良く酔わせていただいてご一緒に帰路へ。
帰宅して、Gさんから個展開催のお祝いに戴いた「明るい農村」で一日を締めくくりました。。。。(芋焼酎のわりにアッサリとした極上の味であります…クイクイいってしまいますぅ)
a0146758_1474170.jpg

台風の影響で甲子園は中止になると思うとって油断してしもうた。はぁ、0.5だっちゃ。まあ、明日は勝って2勝1敗のペースでいけばいいずら。
[PR]
by Patch_It_Up | 2010-09-09 01:51 | 個展・作品常設店
<< 個展十二日目、そしてアントニオ... ジョー・ペリーを描く >>