お部屋に絵を飾りましょう
by 棚倉樽
ご挨拶
福島に生まれ青森に育つ。18歳で画家を志し上京。紆余曲折の末、50歳にして画業に専念。油彩&水彩の風景画・人物画に日々取り組んでいます 。
facebookもよろしく→https://www.facebook.com/tarutana

★絵に関する問い合わせ等はお気軽にこちらへ→055.gif
カテゴリ
全体
古事記・絵物語
名画模写100選
美術見聞録
ロックスター画
ムービースター画
日本美人図
日本の趣
人物画
風景画
東京名所図会
松戸名所図会
日本名所図会
棚倉名所図会
希望の絵
立体造形
アスリートの肖像
個展・作品常設店
青木繁 考
岡本太郎 考
本・映画・音楽
思い出絵日記
若い頃の作品
絵画作品Tシャツ
怪談画
プロフィール
未分類
最新の記事
待望の内孫誕生
at 2018-09-21 01:01
作品『We love 安室奈..
at 2018-09-11 17:14
作品『黒書院の六兵衛』
at 2018-09-02 18:28
作品『縄文展の少女』
at 2018-08-26 17:17
東京国立博物館『縄文展』へ行く
at 2018-08-25 20:00
消えた駅前喫煙所 in 松戸
at 2018-08-22 14:39
作品『夏の終わり、ケイコの浴..
at 2018-08-20 17:43
作品『白木リン (ドラマ「こ..
at 2018-08-11 17:50
作品『マリコのシュークリーム』
at 2018-08-09 21:47
作品『窓際のこずえ』
at 2018-08-07 17:44
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


第一章・三『神生みとイザナミの死』

a0146758_09225409.jpg

#3. "The birth of the Deities and the death of The Mother Deity”

17×30cmCanson Figueras canvas paper-oil painting

From Japan's oldest history book "Kojiki" (712).

After the two Deities, Izanagi and Izanami build the Japanese archipelago, they gave birth to all the Deities. The Mother Deity "Izanami" finally gave birth the Fire Deity "Kagutsuchi". At that time, Izanami burned and died. The dead body of Izanami became mine and clay.The Father Deity "Izanagi" who was saddened by the death of Izanami was angry and killed Kagutsuchi with a sacred sword.

This episode teaches all things that the Deities are inhabited and the fear of fire and its benefits.

 伊邪那岐命(イザナギノミコト)と伊邪那美命(イザナミノミコト)は我が国をお生みになった後、この世を司る神々をお生みになる。土・石の神「イワツチビコ」、山の神「オオヤマツミ」、海の神「オオタワツミ」、風の神「ツナツヒコ」といった男神。加えて水の神「ハヤアキツヒメ」、野の神「カヤノヒメ」といった女神もお生みになった。こうしてイザナミがお生みになった神々は二十三柱に及び、さらに、例えばオオヤマツミとカヤノヒメの交わりなどによって多くの神々が生まれた。

 イザナミは最後に火の神「カグツチ」をお生みになったが、その際に陰部を火傷なされ、命を落とした。イザナミの亡骸からは、鉱山・粘土の神が生まれた。

 イザナミの死を悲しんだイザナギは、その怒りのあまりカグツチを十束剣(とつかのつるぎ)で殺してしまう。カグツチの遺体からはさらに山にまつわる神々が生まれた

 本章の「神生み」とは、我が国独特の「八百万の神(やおよろずのかみ)」信仰の始まりであり、カグツチの登場は「火」の災いと恩恵への戒めなのであります。。。。


[PR]
by Patch_It_Up | 2018-01-07 09:23 | 古事記・絵物語 | Comments(0)
<< 第一章・四『黄泉の国』 熊谷守一回顧展『生きるよろこび』 >>