お部屋に絵を飾りましょう
by 棚倉樽
ご挨拶
福島に生まれ青森に育つ。18歳で画家を志し上京。紆余曲折の末、50歳にして画業に専念。油彩&水彩の風景画・人物画に日々取り組んでいます 。
facebookもよろしく→https://www.facebook.com/tarutana

★絵に関する問い合わせ等はお気軽にこちらへ→055.gif
カテゴリ
全体
古事記・絵物語
名画模写100選
美術見聞録
ロックスター画
ムービースター画
日本美人図
日本の趣
人物画
風景画
東京名所図会
松戸名所図会
日本名所図会
棚倉名所図会
希望の絵
立体造形
アスリートの肖像
個展・作品常設店
青木繁 考
岡本太郎 考
本・映画・音楽
思い出絵日記
若い頃の作品
絵画作品Tシャツ
怪談画
プロフィール
未分類
最新の記事
作品『オルソン夫人 (大草原..
at 2018-11-17 16:01
山種美術館で『日本画の挑戦者..
at 2018-11-15 15:05
作品『メアリー (大草原の小..
at 2018-11-06 13:20
作品『ローラとジャック (大..
at 2018-11-02 12:43
作品・古事記より序章『天地初発』
at 2018-10-27 14:32
映画『モリのいる場所』を観る
at 2018-10-23 16:28
出雲井 晶著『わかりやすい日..
at 2018-10-20 16:46
素晴らしきエログロおバカ映画..
at 2018-10-16 23:06
安野光雅著『絵のある自伝』を読む
at 2018-10-01 19:12
待望の内孫誕生
at 2018-09-23 01:24
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


第二章・ 一『稲羽の素兎(いなばのしろうさぎ)』

a0146758_12415550.jpg

Graphic saga "Kojiki"

Chapter 2 #1. "The white rabbit of Inaba"

17×30cmCanson Figueras canvas paper-oil painting

From Japan's oldest history book "Kojiki" (712).

There were many older brother Deities in the sixth generation "Ookuninushi" from Susanoo. One day, his brother Deities went out to see the beautiful femall Deity "Yagamihime" living in Inaba. It is to apply for marriage to her. And the youngest Ookuninushi was ordered to accompany them as a luggage carrier.

A white rabbit lived on a small island. The rabbit cheated the sharks and made them line up like a bridge, ran on it and crossed the main island. The shark angered on being deceived and stripped the skin of the back of the rabbit.

The brother Deities found rabbits suffering on the beach. "Wounds will be cured if washed in seawater," they cheated the rabbits. The rabbit entered the sea. Then the wound on his back worsened further. The rabbit hurt and cried more. The brother Deities watched and laughed at the rabbit.

Ookuninushi arrived there. "When you scrub your wound with the water of the river and paint the pollen of a reed mace the wound will heal," he told the rabbit. Rabbit appreciated Ookuninushi, and predicted "Yagamihime will marry you."

The brothers arrived at the house of Yagamihime. And asked, "Who do you want to marry any of these brothers?" Yagamihime answered, "I want to marry Ookuninushi." The gentle heart of Ookuninushi was transmitted to Yagamihime, but the older brothers were angry, and consulted to kill Ookuninushi…

 スサノヲから六代目の大国主神(オオクニヌシノカミ)がまだ若く大穴牟遅神(オオナムヂノカミ)と呼ばれていた頃、オオナムヂには多くの異母兄弟がおられた。ある日、兄神(八十神)たちは因幡(鳥取県東部)に住む美しい娘、八上比売(ヤガミヒメ)に求婚するために出掛けた。末っ子のオオナムヂは兄たちに荷物担ぎをして同行するよう命じられた。

 兄神が気多岬(けたのみさき)に着くと、背中の皮を剥ぎ取られて瀕死の兎を見つけた。兄神たちは、「海水を浴びて、強い風に当たると治るぞ」と兎を騙した。その通りにした兎は、さらに苦しんだ。そこへ、遅れてオオナムヂがやってきた。「どうしたのだ」と尋ねるオオナムヂ。兎は、「私は淤岐嶋(隠岐島)からここへ渡る時、和邇(わに=サメ)に『お前の一族と私の一族のどちらが多いか確かめたい、よってこの島から気多岬まで並んでみよ、私が数えてみよう』と言って騙したのです。私が和邇の列を踏んで渡りきった時、騙されたと知った和邇は怒って私の皮を剥いだのです。倒れた私を見つけたあなた様の兄神たちが『海に浸かれ』と教えてくれたのですが、この通り傷がもっと酷くなりました」と言った。

 オオナムヂは、「川の水で傷を洗い、蒲(がま)の花粉を撒いてその上に寝転がれ、そうすれば傷は治る」と教えた。兎は感謝し、「ヤガミヒメと結ばれるのは、あの兄神たちではなく、あなた様でしょう」と予言した。遠くからその様子を眺めていた兄神たちは嘲笑うのであった。

 いよいよヤガミヒメに求婚した兄神たち。すると、ヤガミヒメは後ろで大きな荷物を担ぐオオナムヂを指差して、「私が嫁ぐのはあのお方です」と答えた。

 優しい心が報われたオオナムヂであったが、兄神たちの怒りを買って苦難を被ることになるのであります。。。。


[PR]
by Patch_It_Up | 2018-02-06 12:42 | 古事記・絵物語
<< 第二章・ 二『八十神たちの謀略』 第一章・ 十一『八雲立つ』 >>