お部屋に絵を飾りましょう
by Patch_It_Up
ご挨拶

福島に生まれ青森に育つ。18歳で画家を志し上京。紆余曲折の末、50歳にして画業に専念。油彩&水彩の風景画・人物画に日々取り組んでいます 。
facebookもよろしく→https://www.facebook.com/tarutana

★絵に関する問い合わせ等はお気軽にこちらへ→055.gif
カテゴリ
全体
古事記を描く
名画模写100選
美術見聞録
ロックスター画
ムービースター画
日本美人図
日本の趣
人物画
風景画
東京名所図会
松戸名所図会
日本名所図会
棚倉名所図会
希望の絵
立体造形
アスリートの肖像
個展・作品常設店
怪談画
絵画作品Tシャツ
青木繁 考
岡本太郎 考
本・映画・音楽
若い頃の作品
家族の肖像
プロフィール
未分類
最新の記事
作品・古事記より第三章・ 七..
at 2018-04-22 09:45
「すみだ北斎美術館」へ行く
at 2018-04-19 20:49
映画『ターボキッド』のアップ..
at 2018-04-15 17:08
第三章・ 六『第十代崇神天皇..
at 2018-04-15 10:47
第三章・ 五『後継争い』
at 2018-04-11 10:51
第三章・ 四『初代皇后 伊須..
at 2018-04-07 13:40
第三章・ 三『神武天皇の即位』
at 2018-04-03 10:39
My birthday
at 2018-03-30 00:30
第三章・ 二『八咫烏(やたが..
at 2018-03-29 10:50
スペイン映画『インビジブル・..
at 2018-03-27 16:56
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


第二章・ 四『少名毘古那神(スクナビコナノカミ)』

a0146758_10033072.jpg

Graphic saga "Kojiki"

Chapter 2 #4. “The making nation by Ookuninushi”

17×30cmCanson Figueras canvas paper-oil painting

From Japan's oldest history book "Kojiki" (712).

One day, Ookuninushi was thinking about ways of making a nation while looking at the sea. At that time, a small Deity came on the beach. He wore a goose's fur and was on a ship made of potato. Ookuninushi asked him, "Who are you?" However, he does not answer. Ookuninushi's assistants do not even know who he is. At that time, a toad appeared and told Ookuninushi that "Kuebiko knows." Kuebiko is an ancestor of Scarecrow and is a Deity who knows everything. Assistants brought Kuebiko on the beach. Kuebiko looked at the little Deity and told Ookuninushi, "He is a child of the Creat Deity, name is Sukunabikona." Ookuninushi asked to heaven, "Is the story of Kuebiko true?." Then the Creat Deity answered, "That is a real story, I dispatched my child to help you make your nation."

In this way, Ookuninushi began making nation with Sukunabikona. Sukunabikona returned to his hometown halfway, but another Deity came from the ocean and helped Okuninushi.

Eventually, Ookuninushi completed the nation making. And the Deities made many children, the earthly world prospered…

 ある日、大国主神(オオクニヌシノカミ)が出雲の美保の岬にいらっしゃると、海の彼方からガガイモの実の船に乗り、鵞鳥(がちょう)の皮をまとった小さな神がやって来た。オオクニヌシが「誰だ?」と尋ねてもその神は偉そうにして答えない。側近の神々も知らないと言う。その時、浜辺にいたヒキガエルが、「久延毘古(クエビコ)なら知っているでしょう」とオオクニヌシに申し上げた。

 そこで側近の神たちは、案山子の先祖で物知りのクエビコを浜辺へ連れてきた。クエビコは小さな神を見て、「この神様は、高天原にいらっしゃる創造神「神産巣日神(カミムスヒノカミ)」の御子の「少名毘古那神(スクナビコナノカミ)」でございます」と答えた。オオクニヌシが天に向かって「誠のことか?」と尋ねると、「いかにもわしの子、スクナビコナである。そなたと共に国を作り固めるよう遣わしたのである」とカミムスヒノカミの声が聞こえた。

 こうして、スクナビコナの協力によりオオクニヌシは国造りに励むことが出来た。しかし、スクナビコナは仕事半ばにして常世国(とこよのくに)へ帰ってしまう。困ったオオクニヌシの元へまたもや海から一柱の神がやってきた。大物主神(オオモノヌシノカミ)である。オオモノヌシは、「私を大和の国の山へ祭れば、国造りを手伝おう」と仰せになった。オオモノヌシの力を借りて、オオクニヌシはついに地上界・葦原中国(あしはらのなかつくに)を完成させた。その間、神々は多くの子を作り、葦原中国は大いに賑わったのであります


 後々の話、この大物主神(オオモノヌシノカミ)の娘は、初代天皇・神武天皇の妃となる「伊須気余理比売(イスケヨリヒメ)」なのであります。。。。


[PR]
by Patch_It_Up | 2018-02-18 10:04 | 古事記を描く
<< 第二章・ 五『天若日子の還矢(... 第二章・ 三『須勢理毘売命(ス... >>