お部屋に絵を飾りましょう
by 棚倉樽
ご挨拶
福島に生まれ青森に育つ。18歳で画家を志し上京。紆余曲折の末、50歳にして画業に専念。油彩&水彩の風景画・人物画に日々取り組んでいます 。
facebookもよろしく→https://www.facebook.com/tarutana

★絵に関する問い合わせ等はお気軽にこちらへ→055.gif
カテゴリ
全体
古事記・絵物語
名画模写100選
美術見聞録
ロックスター画
ムービースター画
日本美人図
日本の趣
人物画
風景画
東京名所図会
松戸名所図会
日本名所図会
棚倉名所図会
希望の絵
立体造形
アスリートの肖像
個展・作品常設店
青木繁 考
岡本太郎 考
本・映画・音楽
思い出絵日記
若い頃の作品
絵画作品Tシャツ
怪談画
プロフィール
未分類
最新の記事
作品『オルソン夫人 (大草原..
at 2018-11-17 16:01
山種美術館で『日本画の挑戦者..
at 2018-11-15 15:05
作品『メアリー (大草原の小..
at 2018-11-06 13:20
作品『ローラとジャック (大..
at 2018-11-02 12:43
作品・古事記より序章『天地初発』
at 2018-10-27 14:32
映画『モリのいる場所』を観る
at 2018-10-23 16:28
出雲井 晶著『わかりやすい日..
at 2018-10-20 16:46
素晴らしきエログロおバカ映画..
at 2018-10-16 23:06
安野光雅著『絵のある自伝』を読む
at 2018-10-01 19:12
待望の内孫誕生
at 2018-09-23 01:24
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


第三章・ 四『初代皇后 伊須気余理比売(イスケヨリヒメ)』

a0146758_13395404.jpg

Graphic saga "Kojiki"

Chapter 3 #4. “The first empress”

30×17cmCanson Figueras canvas paper-oil painting

From Japan's oldest history book "Kojiki" (712).

Well, Jimmu-Tenno was married when he was young. And there were two sons. However, now that he became an emperor, he must make a noble woman his wife.

One day, the Emperor saw the seven maidens playing in the plateau. A servant asked the Emperor, "Whom do you choose from among them as the Empress?" The Emperor picked the most beautiful maiden without hesitation. Her name is "Isukeyori-Hime". She is the daughter of the defensive Deity of Yamato country.

Thus Isukeyori-Hime became the Empress and bore three sons. Jimmu-Tenno spread rice cultivation in accordance with the Edict of Amaterasu, making Japan an agricultural country. The ground world became peaceful and affluent…


This picture was referred to the work of the British painter John William Waterhouse I respect. It is "Hylas and the Nymphs”(1896) in Greek mythology.

 神武天皇は即位から三年間、諸国に稲などの種を持って行かせ農業を普及させた。これは天孫降臨におけるアマテラスの「神勅(しんちょく)」を実現するための政策で、神武天皇は大嘗祭の起源となる新穀を天つ神に捧げる儀式も行っている。つまり神武天皇によって日本は農業立国となったのである。

 さて、神武天皇が日向(ひむか)にいらした若い頃、家来の娘である阿比良比売(あひらひめ)と申す女を妻として、二人の御子、多芸志美美命(タギシミミ)と岐須美美命(キスミミ)を授かった。

 しかし、天皇となられたからには、皇后に相応しい高貴な女性が必要になった。従者の一人が、「この地に大物主神(オオモノヌシ)の娘、伊須気余理比売(イスケヨリヒメ)がおられます。神の御子にして麗しき乙女との噂にございます」と申し上げた。オオモノヌシとは、オオクニヌシの国造りを助けた大和の氏神である(第二章・四参照)

 ある日、七人の乙女たちが高佐士野(奈良県桜井市三輪の高原)で遊んでいるのを天皇がご覧になった。乙女の中にイスケヨリヒメがいるのを見た従者が、「どの乙女をお妃にいたしましょうか」と意を含め天皇に尋ねられた。天皇は迷わずイスケヨリヒメをお選びになった。そして、イスケヨリヒメも「仕え奉ります」と応じられた。

 こうして、神武天皇は大和の氏神の娘を妃とすることで、名実ともに地上世界の統治者となり、天皇の系譜は天つ神と国つ神を統合するものになったのである。

 神武天皇と皇后との間には三人の御子、日子八井命(ヒコヤイ)、神八井耳命(カムヤイミミ)、神沼河耳命(カムヌナカワミミ)がお生まれになった。

 安泰したかのように見えた天皇家であったが、神武天皇が崩御されると、日向に残した子が大和国に現れ、悲劇が生まれる。このハムレット的な物語は次章にて


 本章の絵は、私が敬愛する英国の画家、ジョン・ウィリアム・ウォーターハウスがギリシャ神話の一場面を描いた1896年作「ヒュラスと水の精」を元絵としました。古事記本文では「乙女たちが水遊びをしていた」とは記していませんが、ウォーターハウスの絵が実に美しく劇的であるため、本章の場面をシンクロさせた次第であります。。。。


[PR]
by Patch_It_Up | 2018-04-07 13:40 | 古事記・絵物語
<< 第三章・ 五『後継争い』 第三章・ 三『神武天皇の即位』 >>