お部屋に絵を飾りましょう
by 棚倉樽
ご挨拶
福島に生まれ青森に育つ。18歳で画家を志し上京。紆余曲折の末、50歳にして画業に専念。油彩&水彩の風景画・人物画に日々取り組んでいます 。
facebookもよろしく→https://www.facebook.com/tarutana

★絵に関する問い合わせ等はお気軽にこちらへ→055.gif
カテゴリ
全体
古事記・絵物語
名画模写100選
美術見聞録
ロックスター画
ムービースター画
日本美人図
日本の趣
人物画
風景画
東京名所図会
松戸名所図会
日本名所図会
棚倉名所図会
希望の絵
立体造形
アスリートの肖像
個展・作品常設店
青木繁 考
岡本太郎 考
本・映画・音楽
思い出絵日記
若い頃の作品
絵画作品Tシャツ
怪談画
プロフィール
未分類
最新の記事
作品『オルソン夫人 (大草原..
at 2018-11-17 16:01
山種美術館で『日本画の挑戦者..
at 2018-11-15 15:05
作品『メアリー (大草原の小..
at 2018-11-06 13:20
作品『ローラとジャック (大..
at 2018-11-02 12:43
作品・古事記より序章『天地初発』
at 2018-10-27 14:32
映画『モリのいる場所』を観る
at 2018-10-23 16:28
出雲井 晶著『わかりやすい日..
at 2018-10-20 16:46
素晴らしきエログロおバカ映画..
at 2018-10-16 23:06
安野光雅著『絵のある自伝』を読む
at 2018-10-01 19:12
待望の内孫誕生
at 2018-09-23 01:24
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


第四章・ 四『伊吹山の白猪』

a0146758_20093745.jpg

Graphic saga "Kojiki"

Chapter 4 #4. “The curse of a white boar”

17×30cmCanson Figueras canvas paper-oil painting

From Japan's oldest history book "Kojiki" (712).

Yamato-Takeru almost uniformed the eastern countries, arrived on the way home to Yamato country. When he arrived in Aichi, he relaxed at the house of the lord's daughter "Miyazu-Hime". Shortly, Yamato-Takeru and Miyazu-Hime began to love each other.

He still had a mission to win the god of Ibuki-mountain. He looked at Ibuki-mountain and said, "I do not need the sword of God to conquer such a small mountain." And he left a sacred sword in Miyazu-Hime and left for Ibuki-mountain. Yamato-Takeru climbed Ibuki - mountain, he met a big white boar. Yamato-Takeru said to white boar, "You are the servant of the god of the mountain, I later beat you and kill you." However, the white boar was the mountain god himself. The mountain god was very angry to see Yamato-Takeru climbing with a laugh. And the mountain god murmured the spell. Then a big hail fell on Yamato-Takeru. He fainted with serious injury.

When Yamato-Takeru noticed, there was no white boar already. In this way, the injured Yamato-Takeru continued his trip with a cane. It was a journey of death…

 駿河国、相模国、上総国、武蔵国を平定したヤマトタケル軍は、休む間もなく甲斐国、信濃国を服従させ、ようやく大和国への帰途についた。そして尾張国へ入り、往路で出会った当地の国造(くにのみやっこ=領主)の娘、美夜受比売(ミヤズヒメ)の家でしばしくつろいだ。まもなく、ヤマトタケルとミヤズヒメは結ばれた。

 ヤマトタケルには、伊吹山の荒ぶる神の征伐が残っていた。ミヤズヒメとの甘い生活からの気の緩みと慢心のためか、「あんな山の神など素手で充分だ」と霊剣・草薙の剣(くさなぎのつるぎ)を持たずに山を目指した。しかしこれは、大誤算であった。

 ヤマトタケルは伊吹山を登られた。すると山道の途中、大きな白い猪が現れた。ヤマトタケルは、「こやつは猪に化けた山の神の家来であろう。帰りにでも殴り殺してやる」と高笑いでやり過ごした。しかし、この猪は山の神そのもので、山神は怒ってヤマトタケルめがけて大きな雹(ひょう)を降らせた。気絶するほどの痛手を負ったヤマトタケルであったが、なんとか山を降り玉倉部の清水という場所まで辿り着き、傷を癒した。しかし傷は深く、さらに病を負ったヤマトタケルは、杖をついて大和国への死の旅を続けるのであった。。。。


[PR]
by Patch_It_Up | 2018-05-15 20:10 | 古事記・絵物語
<< 第四章・ 五『倭建命昇天』 作品『羆嵐』(吉村昭著「羆嵐」より) >>