お部屋に絵を飾りましょう
by 棚倉樽
ご挨拶
福島に生まれ青森に育つ。18歳で画家を志し上京。紆余曲折の末、50歳にして画業に専念。油彩&水彩の風景画・人物画に日々取り組んでいます 。
facebookもよろしく→https://www.facebook.com/tarutana

★絵に関する問い合わせ等はお気軽にこちらへ→055.gif
カテゴリ
全体
古事記・絵物語
名画模写100選
美術見聞録
ロックスター画
ムービースター画
日本美人図
日本の趣
人物画
風景画
東京名所図会
松戸名所図会
日本名所図会
棚倉名所図会
希望の絵
立体造形
アスリートの肖像
個展・作品常設店
青木繁 考
岡本太郎 考
本・映画・音楽
思い出絵日記
若い頃の作品
絵画作品Tシャツ
怪談画
プロフィール
未分類
最新の記事
待望の内孫誕生
at 2018-09-21 01:01
作品『We love 安室奈..
at 2018-09-11 17:14
作品『黒書院の六兵衛』
at 2018-09-02 18:28
作品『縄文展の少女』
at 2018-08-26 17:17
東京国立博物館『縄文展』へ行く
at 2018-08-25 20:00
消えた駅前喫煙所 in 松戸
at 2018-08-22 14:39
作品『夏の終わり、ケイコの浴..
at 2018-08-20 17:43
作品『白木リン (ドラマ「こ..
at 2018-08-11 17:50
作品『マリコのシュークリーム』
at 2018-08-09 21:47
作品『窓際のこずえ』
at 2018-08-07 17:44
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


第五章・ 七『大長谷王子(オオハツセ)の報復』

a0146758_15215663.jpg

Graphic saga "Kojiki"

Chapter 5 #7. “Retaliation of the Prince”

17×30cmCanson Figueras canvas paper-oil painting

From Japan's oldest history book "Kojiki" (712).

Mayowa who assassinated Emperor Ankou fled to the mansion of the minister "Tsubura".

The youngest brother of the Emperor "Oohatsuse" was furious. And he consulted the emperor 's revenge to the two older brothers, Kurohiko and Shirohiko. However, the two older brothers were indifferent. Oohatsuse shouted, "You guys planned the assassination of the Emperor?", And killed the two older brothers.

Oohatsuse led the soldiers and surrounded Tsubura's mansion. Tsubura 's soldiers shot arrows. Oohatsuse did not attack. Because Tsubura's daughter "Karahime" is in the mansion. And Oohatsuse talked with Tsubura. Oohatsuse said "Let give Mayowa to me." Tsubura replied, "I will give you my daughter and territory, but I can not give you the young prince who relied on the vassals."

Tsubura turned his back against Oohatsuse and tried to get back to his mansion. Oohatsuse shouted "shoot!" Many arrows flew and stabbed Tsubura 's back. Tsubura entered the mansion house and hugged Mayowa.

Oohatsuse tried to enter the mansion following Tsubura. Karahime kneeled before Oohatsuse and said, "Please don't stop my father's actions." At that time, Tsubura shouted "Please forgive me!" And he stabbed a sword in Mayowa 's chest. Next, Tsubura cut his neck and fell while holding Mayowa.

Oohatsuse grabbed hand of Karahime and left the mansion. And he ordered the soldiers to put the fire on the mansion…

 安康(あんこう)天皇を実父の仇として暗殺した七歳の眉輪王(マヨワノミコ)は、重臣の「都夫良意富美(ツブラオオミ)」の屋敷へ逃げ込んだ。都夫良意富美、または葛城円(カツラギノツブラ)は葛城氏の豪族で、かの建内宿禰(タケノウチノスクネ)の曾孫(ひまご)である。

 安康天皇の末弟、大長谷王子(オオハツセ)は、帝(みかど)の死を嘆き悲しんだ。そして、兄の黒日子王(クロヒコノミコ)にマヨワの処罰を相談した。ところが、クロヒコは「ガキなど放っておけ」と無関心であった。逆上したオオハツセは兄の襟首を掴んで庭に引きずり出し斬り殺した。その足でもう一人の兄、白日子王(シロヒコノミコ)の屋敷へ行き、「マヨワを殺そう」と誘ったが、シロヒコも聞く耳持たずであった。オオハツセは、(もしかしたら、この兄どもがマヨワをそそのかして帝を討ったのか)と疑い、シロヒコも引きずり回し生き埋めにして殺した。

 オオハツセは兵を率い、ツブラノオオミの屋敷を取り囲んだ。ツブラの兵たちが一斉に矢を放った。オオハツセは、ツブラの美しい娘「訶良比売(カラヒメ)」のことを思い出し、自軍の応戦を制し、ツブラと話し合うことにした。ツブラは、「娘と五カ所の領地を差し上げましょう。しかし、臣下を頼ってきた幼き皇子を渡すわけにはゆきません」とオオハツセに背を向けた。「射て!」、オオハツセの一声で、兵はツブラの背中に矢を放った。ツブラは屋敷へ戻り、マヨワを抱きしめた。オオハツセは太刀を抜いて屋敷に入り込んだ。カラヒメが、「最期は父にお任せを」とひざまずいた。その時、「お許しを!」とツブラはマヨワの胸を剣で突いた。そして自らの首を斬り、マヨワを守るようにうつ伏せに倒れた。

 オオハツセはカラヒメを連れ出し、屋敷に火を放つよう兵に命じたのであった。。。。


[PR]
by Patch_It_Up | 2018-06-23 15:22 | 古事記・絵物語 | Comments(0)
<< 第五章・ 八『雄略天皇の求婚』 RADWIMPSの「HINOM... >>