お部屋に絵を飾りましょう
by 棚倉樽
ご挨拶
福島に生まれ青森に育つ。18歳で画家を志し上京。紆余曲折の末、50歳にして画業に専念。油彩&水彩の風景画・人物画に日々取り組んでいます 。
facebookもよろしく→https://www.facebook.com/tarutana

★絵に関する問い合わせ等はお気軽にこちらへ→055.gif
カテゴリ
全体
古事記・絵物語
名画模写100選
美術見聞録
ロックスター画
ムービースター画
日本美人図
日本の趣
人物画
風景画
東京名所図会
松戸名所図会
日本名所図会
棚倉名所図会
希望の絵
立体造形
アスリートの肖像
個展・作品常設店
青木繁 考
岡本太郎 考
本・映画・音楽
思い出絵日記
若い頃の作品
絵画作品Tシャツ
怪談画
プロフィール
未分類
最新の記事
待望の内孫誕生
at 2018-09-21 01:01
作品『We love 安室奈..
at 2018-09-11 17:14
作品『黒書院の六兵衛』
at 2018-09-02 18:28
作品『縄文展の少女』
at 2018-08-26 17:17
東京国立博物館『縄文展』へ行く
at 2018-08-25 20:00
消えた駅前喫煙所 in 松戸
at 2018-08-22 14:39
作品『夏の終わり、ケイコの浴..
at 2018-08-20 17:43
作品『白木リン (ドラマ「こ..
at 2018-08-11 17:50
作品『マリコのシュークリーム』
at 2018-08-09 21:47
作品『窓際のこずえ』
at 2018-08-07 17:44
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


待望の内孫誕生

On September 17, my eldest son 's wife gave birth to a girl of 3,700 g energetic girls. Happiness and hope for my granddaughter!

 我が長男の嫁が917日深夜、女児を出産しました。3700gの元気な孫娘。初の内孫であります。

 実は、いつ産まれるかと私は気を揉んでおりました。その間、TV等で目にしてきたものは、台風、北海道地震、大阪なおみ全米オープン優勝、安室引退、ゴロフキンvsアルバレス、なんだか激動の中で無事に孫娘が生まれてきたという個人的な思い。

 そして、安倍総裁三選の良き日を迎え、来年のご譲位、再来年の東京五輪と、我が孫はこれからどんな時代を生きてゆくのだろうとシミジミ思うのであります。いやいや、この子が生きてゆく時代を我々が素晴らしいものにしてゆかねばと、真面目に奮起する次第であります。。。。

a0146758_01003383.jpg


[PR]
# by Patch_It_Up | 2018-09-21 01:01 | 思い出絵日記 | Comments(0)

作品『We love 安室奈美恵』

a0146758_17133576.jpg

“We love Namie Amuro”

23×33cmCanson Figueras canvas paper-oil painting

This is a Japanese superstar "Namie Amuro". She is 40 years old, she will retire show business on September 16th this year. All Japanese people saying with love "Amuro-chan, thank you" for her.,,

 安室奈美恵、いよいよ916日をもって引退。

 先日、民放ラジオ101局特別放送「WE LOVE AMURO MAMIE」を聴いた。短い番組であったが、安室本人も出演したとても良い内容であった。全国の安室ファンから寄せられたリクエストメッセージには感動したな。三十代の男女が中心であったが、それぞれが安室の曲に励まされた思い出を綴り、「安室ちゃん、ありがとう」と締めくくる。四十歳になった彼女を安室ちゃんと慕い続けるファンにグッときた。そして流れるヒットナンバー、歌詞が実にいいのだなとあらためて思った。

 真のレジェンドになる永遠のトップアイドル、唯一無二のスーパースター。敬愛の念を込めて本作を一気に描き上げたのであります。。。。


[PR]
# by Patch_It_Up | 2018-09-11 17:14 | 日本美人図 | Comments(0)

作品『黒書院の六兵衛』

a0146758_18282765.jpg

“Rokubei, The Last Samurai”

27×20cmwatercolor

This is a scene of the TV drama "Kuroshoin no Rokubei”.

In 1868 "Meiji Restoration", "Edo Castle" was transferred from the Shogun Tokugawa to the Emperor. It is the story of the last samurai "Rokubei" who kept sitting in the castle.

As a result of the Meiji Restoration, Japan became a modern state, but lost many cultures such as Bushido(Samurai Spirit)…

 WOWOWの連続ドラマ『黒書院の六兵衛』。原作は日本経済新聞にも連載された浅田次郎の時代小説。

 江戸無血開城の八ヶ月前から城に居座り続ける御所院番士「的矢六兵衛(まとや ろくべえ)」の物語。説得役の尾張藩士・加倉井隼人は元より、勝海舟、天璋院篤姫、西郷隆盛、徳川慶勝、大村益次郎、木戸孝允を前にしても無言で信義を通し続ける六兵衛。その正体と目的は謎のまま。そして、ついに黒書院(くろしょいん)と呼ばれる将軍の御前とする部屋に居座り、明治天皇のご入城を待つのであった。

 一切口を開かず、武士の所作を崩さない六兵衛を演じる吉川晃司が素晴らしい。高倉健を見ているようであった。前田亜希も天璋院様を堂々と演じていた。進行中のNHKの大河ドラマとは正反対の視点から描いた幕末劇。維新によって失われたものの大きさを痛感させられる。機会あれば、ぜひご覧あれ。。。。


[PR]
# by Patch_It_Up | 2018-09-02 18:28 | 日本の趣 | Comments(0)

作品『縄文展の少女』

a0146758_17155371.jpg

"A girl in a museum"

19×21cmwatercolor

Yesterday, I met a lovely girl at the Tokyo National Museum "JOMON Exhibition". A girl about nine years old sketching seriously before "Clay figurine with clasping hands (Gassyo Doguu)". She kept painting without losing even if she was pushed by the audience. I cheered this little painter in my heart…

 先日の『縄文展』での心和んだ光景。

 押すな押すなの「国宝コーナー」、合掌土偶の正面で小さなノートに鉛筆でスケッチしている女の子がいた。小学三年生くらいかな、真剣な眼差しで土偶を観察し、驚くほどの速さで鉛筆を走らせている。時々後ろから押されたりしていたが、ガラスにへばりつくようにして描き続けていた。夏休みの自由研究用かな。  

 ミュージアムショップでポストカードを買ったり、ママに高価な図録を買ってもらい、後で涼しいお家で描けばいいと思いがちだが、この子はどうしても現物を見ながら描きたかったのだろうね。絵は上手下手ではなく、こういう「ひたむきさ」が大事なのであります。。。。


[PR]
# by Patch_It_Up | 2018-08-26 17:17 | 美術見聞録 | Comments(0)

東京国立博物館『縄文展』へ行く

Today, I went to Tokyo National Museum to see 'JOMON exhibition'. JOMON is the era of Japan from 13,000 years ago to 3,000 years ago. It is the origin of Japanese culture and art.

a0146758_19570857.jpg

 上野の東京国立博物館で開催中の『縄文展』へ。本日は会期残り一週間の土曜日であった。午前10時に正門に着いたが、すでに長蛇の列。朝からカンカン照りで、平成館前では無料のウォーターサーバーコーナーを設けていた。

 そして館内は予想以上の大混雑。車椅子のお年寄りはしょうがないにしても、ベビーカーを押している若い母親の神経が分からん。しかも、暗い館内の雰囲気が恐いのか赤ん坊が泣いているよ。

 イライラを押し殺して、真っ先に目当ての青森県八戸市で出土した「合掌土偶」を観る。


 私は「古事記・絵物語」を創作中、仏教伝来前に人々はどのような祈り方をしていたのか調べる必要に駆られた。そして、この合掌土偶に遭遇したのである。これは縄文後期、約3,500年前に作られたもの。つまり仏教伝来どころか、仏教成立以前から日本人は手を合わせて祈ることをしていたと言える。私は自信を持って、オオナムヂ=大国主神の母神が息子の復活を祈る場面、ヤマトタケルの妃オトタチバナヒメが荒波を鎮めるために入水する場面で、合掌する姿を描いたのである。

a0146758_19581793.jpg

 「これはいつか八戸へ行って土偶様にご挨拶せねば」と思っていたら、上野にお越しになっていたという訳であります。

 本展では、合掌土偶を含め全6件の縄文出土品国宝が展示されています。他、圧倒的な展示数。ダイナミックでユーモラスで美しい縄文文化は我が国の誇りです。。。。


[PR]
# by Patch_It_Up | 2018-08-25 20:00 | 美術見聞録 | Comments(0)

消えた駅前喫煙所 in 松戸

a0146758_14381239.jpg

"Smoking area in front of the station now and then"

This is the oil painting I drew in October last year and the photo of today. In this way, the Japan is quitting smoking rapidly.

 昨年10月に描いた「私の町の駅前喫煙所」。いつのまにか喫煙所が撤去され、人がいなくなっていた。喫煙者にとっての憩いの場であったが、やはり時流に抹殺されてしまったのだな。

 今朝の某インターネットニュース番組でも、有名弁護士が「偏見ですが」と前置きしながらも、「タバコ吸う奴って頭悪いと思う」と発言していたね。同番組の別なレギュラーコメンテーターも、「私は禁煙ファシストだ!」と頻繁に発言しているね。喫煙批判は何を言ってもいいのかな?。私は飲酒の方が危険だと思うのだが、飲酒運転する奴とか酒乱とかね。かと言って、全面禁酒を推奨している訳ではないよ。

 私の孫の世代が大人になって爺様のこの絵を見たら、「へえ、昔は外でタバコ吸えたんだね」と不思議がるだろうな。あるいは、「これがあの喫煙者って絶滅種族なのかあ」と言うのだろうね。一変した駅前デッキの風景を眺めながらシミジミ思ったのであります。。。。


[PR]
# by Patch_It_Up | 2018-08-22 14:39 | 松戸名所図会 | Comments(0)