お部屋に絵を飾りましょう
by 棚倉樽
ご挨拶
福島に生まれ青森に育つ。18歳で画家を志し上京。紆余曲折の末、50歳にして画業に専念。油彩&水彩の風景画・人物画に日々取り組んでいます 。
facebookもよろしく→https://www.facebook.com/tarutana

★絵に関する問い合わせ等はお気軽にこちらへ→055.gif
カテゴリ
全体
古事記・絵物語
名画模写100選
美術見聞録
ロックスター画
ムービースター画
日本美人図
日本の趣
人物画
風景画
東京名所図会
松戸名所図会
日本名所図会
棚倉名所図会
希望の絵
立体造形
アスリートの肖像
個展・作品常設店
青木繁 考
岡本太郎 考
本・映画・音楽
思い出絵日記
若い頃の作品
絵画作品Tシャツ
怪談画
プロフィール
未分類
最新の記事
新宿・損保ジャパン美術館にて..
at 2018-12-11 15:34
作品『ビードル先生 (大草原..
at 2018-12-06 10:27
百田尚樹 著『日本国紀』を読..
at 2018-11-28 00:20
孫娘と私
at 2018-11-27 09:32
松戸市立博物館『ガンダーラ・..
at 2018-11-20 19:47
作品『オルソン夫人 (大草原..
at 2018-11-17 16:01
山種美術館で『日本画の挑戦者..
at 2018-11-15 15:05
作品『メアリー (大草原の小..
at 2018-11-06 13:20
作品『ローラとジャック (大..
at 2018-11-02 12:43
作品・古事記より序章『天地初発』
at 2018-10-27 14:32
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:ムービースター画( 71 )

映画『ターボキッド』のアップルを描く

a0146758_17082572.jpg

“Apple in TURBO KID”

22×19cmWatercolor painting

I watched the American movie “TURBO KID”(2015). This movie is very vulgar, but I like it. Apple(Laurence Leboeuf) is psycho, but I love it.

 2015年製作米国映画『ターボキッド(TURBO KID)』を観る。子供が主役のファミリー映画とばかり思っていたが、ガッツリR15指定のシビれる映画であった。「マッドマックス」シリーズ、ジョン・カーペンターの「ニューヨーク1997」、「キック・アス」、「デッドプール」、「スーサイド・スクワッド」のクレージーテイストをブレンドした一流のB級映画。

 ロランス・ブルーフというカナダ出身の女の子が演じるアップルちゃんってヒロインが登場するのだが、このキュートでイカれたキャラがたまらんので思わず絵にした次第。

 とにかく、脳みそスッ飛ぶは、内臓ゲロゲロに飛び出すシーン満載の、掘り出し物的名作でありますが、いつものことながらお嬢ちゃんお坊ちゃんは決して観てはいけませんぞよ。。。。


[PR]
by Patch_It_Up | 2018-04-15 17:08 | ムービースター画

作品『映画「わたしを離さないで」のキャリー・マリガン』

a0146758_09475894.jpg

“Carey Mulligan in Never Let Me Go”

25×19cmCanson Figueras canvas paper-oil painting

I watched the English movie “Never Let Me Go”(2010).

This is a movie of Kazuo Ishiguro's novel that won the Nobel Prize for literature. Sacred acting of Carey Mulligan was wonderful. The profound theme of this movie, I remembered the old American movie "Johnny Got His Gun".

 2010年製作、英国映画『わたしを離さないで』、言うまでもなくノーベル文学賞受賞、カズオ・イシグロ氏の小説の映画化。臓器提供のために造られたクローン人間の若者三人の物語。サイエンス・フィクションだが、この生と死と性をテーマとした言わば「静かなる衝撃」は、高校時代にTVで観た米国映画『ジョニーは戦場に行った』以来である。

 私だけが知らなかったのかも知れないが、この小説は2014年に蜷川幸雄によって舞台化され、2016年にはTBSTVドラマ化されている。舞台もドラマも観ていないので何も言う権利はないが、映画は英国が舞台であり、落ち着いた映像や英国人俳優たちの抑えた演技が格調高かっただけに、どうだったのかなと思う。イシグロ氏は日系人ではあるが、原作は英国の物語であるからにして

 イシグロ氏のノーベル文学賞受賞に併せて、TBSチャンネルでは今月25日にドラマ全10話を一挙放送するそうだが、私としては脳裏に残るキャリー・マリガンのあまりにも切なく愛おしい姿を消したくないので、観ないつもりであります。。。。


[PR]
by Patch_It_Up | 2017-11-21 09:48 | ムービースター画

作品『「将軍たちの夜」のピーター・オトゥール』

a0146758_09105508.jpg

“Peter O'Toole in The Night of the Generals”

14×20cmCanson Figueras canvas paper-oil painting

I watched the UK, France,USA movie “The Night of the Generals” (1966). It was a very thrilling story. Peter O'Toole is playing an abnormal German General. This picture is a scene where he seduces Parisian whore.

 1966製作、英国、仏国、米国映画『将軍たちの夜 (The Night of the Generals)』を観る。

1942年ドイツ占領下のワルシャワで、一人の娼婦が惨殺される。目撃者の証言「軍服のズボンに赤いラインがあった」から、アリバイのないドイツ軍の三人の将軍が容疑者とされる。カーレンベルク少将(ドナルド・プレザンス)、ガプラー大将(チャールズ・グレイ)、タンツ中将(ピーター・オトゥール)。捜査するのはドイツ軍情報部グラウ少佐(オマー・シャリフ)である。

 「アラビアのロレンス」でイギリス人将校を演じたピーター・オトゥールとアラブの族長を演じたオマー・シャリフが、本作ではナチスドイツの軍人を演じているのが面白い。

 中盤から誰にもタンツが怪しいことは分かってくる。三人の将軍とグラウ少佐はやがてパリに赴任するのであるが、何故かガプラー大将はタンツに一日休暇をとってのパリ観光を命令する。ガイド役のハルトマン伍長は上官に「酒もタバコも女もやらん独身のタンツ将軍は男好きかも知れんから、その時は従うように」と恐ろしい命令を受ける。(?、そっちへいくの?)と喜ぶのは気が早い。タンツは車の中で朝から酒は飲むはタバコも喫う。そしてドイツ軍が接収した美術館で、デカダン(退廃的)と閉鎖された展示室に入りゴッホの自画像の前で正気を失う。(ゴッホを狂気の画家と決めつけた安易な演出ではある)。夜、ハルトマン伍長は「出会い系バー」へタンツを案内する。もちろん「貧困女子の調査」ではない。そこでタンツは一人のムチムチブロンド女に目をつける

 女はワルシャワの事件と同様の遺体で発見され、グラウ少佐はタンツを犯人と断定するが、タンツの休暇中にヒトラー暗殺計画「ワルキューレ作戦」が決行され、大混乱となる。そう、トム・クルーズ主演の映画『ワルキューレ』と同じ史実が絡んでいるのである。クルーズが演じた片眼片腕のシュタウフェンベルク大佐も本作に登場する。果たしてタンツは逮捕されるのか

 50年前の映画であるが、実にスリリングな隠れた名画でありました。パリ警察の警部役でフランスの名優フィリップ・ノワレ、シャンソン歌手のジュリエット・グレコも出演しています。私は、タンツ将軍の網に掛かる娼婦役の名もなきグラマー女優が気に入って、この絵を描いた次第であります(調べまくったら1979年に引退したVéronique Vendellというフランスの女優でした)。。。。


[PR]
by Patch_It_Up | 2017-09-23 09:11 | ムービースター画

映画『シークレット・デイ』のダコタ・ファニングを描く

a0146758_16225728.jpg

“Dakota Fanning in Every Secret Thing”

15×17cmCanson Figueras canvas paper-oil painting

I watched the American movie “Every Secret Thing”(2014). This is a shocking and sad story. The dark acting of the grown Dakota is very good.

 2014製作、日本劇場未公開の米国映画『シークレット・デイ(Every Secret Thing)』。ダイアン・レイン、ダコタ・ファニング出演のミステリー。ダイアン・レイン見たさ以外さほど期待していなかったが、衝撃的な内容であった。

 米国の田舎町で黒人女児の誘拐殺人事件が発生する。11歳の二人の少女たち、美少女だが屈折しているロニーと母親(ダイアン)に溺愛されているが容姿の劣るアリスが逮捕。7年後二人は少年院を退院。ロニーはパンク姉ちゃんに、アリスはデ○姉ちゃんに成長していた。さて、ここで私はてっきり11歳の美少女ロニーがダコタ・ファニングだとばかり思っていた。生意気天才子役のイメージのままだったのだ。しかし、18歳になったロニーがダコタ(製作当時二十歳)だったのである。歳月を考えれば分かりそうなものだな(笑)。

 さてさて物語に戻すと、またもや黒人女児の誘拐事件が起こる。7年前の事件を担当した女刑事は、ロニーとアリスを7年前の事件と併せて事情聴取する。ロニーは失踪。アリスは7年前にも自分は関与していないと自ら出頭し、映画のままのセリフ「デブでブスの方が疑われるよね」とロニーに不利な証言をする。ロニーはやがて捕まるが、違う証言をする

 この映画、全体にいや~な雰囲気が漂っている。そして事件の真相も哀れでならない。さらにラストは徹底的に後味が悪く腹立たしい。ここまで言うと、逆に観たくなるでしょ。皆さん機会あればぜひご覧あれ。。。。


[PR]
by Patch_It_Up | 2017-09-17 16:23 | ムービースター画

『ツイン・ピークス The Return』のカイル・マクラクランを描く

a0146758_17082749.jpg

“Kyle MacLachlan in Twin Peaks The Return ”

21×14cmCanson Figueras canvas paper-oil painting

I am watching "Twin Peaks The Return" on TV. It is very interesting. Kyle McLachlan got old, but cool. He is the same age as me.

 1990年~91年に放映されたシーズン12の続編。シーズン2の最終話でローラ・パーマーの亡霊?がデイル・クーパーFBI捜査官に「25年後に会いましょう」と言ったセリフが現実となった『シーズン3 The Return』。WOWOWの放送開始を心待ちにしていた。第8章まで進んだが、期待通りのデイヴィッド・リンチ独壇場のパラレルワールドである。

 嬉しいのは、多くの出演者が25年の歳を重ねてそのまま出演していること。ストーリーの細部は忘れていたが、保安官事務所のルーシーの特徴的なロリ声(吹替版)を聞いたら、モヤモヤッとストーリーを思い出してきた(笑)。

 そして、クーパー捜査官役のカイル・マクラクラン。「25年間で何があったのだろう」と思わせる長髪のヤクザ者になって登場する(もっともこの人物がクーパー本人か分からんが)。さすがに老けたが、年相応にカッコいい。このオジサンいったい何歳になったのだろうと調べたら、なんと私と同じ1959年生まれの58歳であった(笑)。当たり前だが、1990年から同じく歳を取ってきた訳だ

 1990(平成2)、バブル景気最後の年。25年余り経ってふと気がつくと、あれから色々ありすぎて、本当はなーんにもなかったのではとさえ思う。

 などと考えながら25年ぶりのカイル・マクラクランを描いたのであります。。。。


[PR]
by Patch_It_Up | 2017-09-15 17:09 | ムービースター画

映画『ジョイ』のジェニファー・ローレンスを描く

a0146758_10163242.jpg

“Jennifer Lawrence in JOY”

21×14cmCanson Figueras canvas paper-oil painting

I watched the American movie “JOY”(2015). Jennifer acting as an adult woman was attractive.

 2015年製作の米国映画『ジョイ』。ジェニファー・ローレンスは本作でアカデミー賞主演女優賞ノミネート、ゴールデングローブ賞主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)を受賞した。共演は、ロバート・デ・ニーロ、ブラッドリー・クーパー、イザベラ・ロッセリーニ。にもかかわらず、日本では劇場未公開であった。

 ジョイとは、発明品によってシングルマザーから億万長者になった実在の人物、ジョイ・マンガーノのことで、この映画はその実録。ジョイ・マンガーノは日本ではほとんど知られておらず、それで劇場未公開となったのであろうか、実にもったいない。

 ひょんなことから画期的なモップを考案したジョイが、家族を捨てた父親とその恋人、元夫、腹違いの姉などの協力と邪魔に翻弄されながら、なんとかTVショッピング大手「QVC」で大当たりするドタバタ劇であるが、その機転とバイタリティーには感服させられる。ジョイ・マンガーノ本人も相当な美人なのであるが、いわゆる女の武器を一切使わず成功をつかむ姿は痛快そのもの。

 可愛子ちゃん女優から完全に脱皮したジェニファー・ローレンスがとにかくいい。DVDでぜひご覧あれ。。。。


[PR]
by Patch_It_Up | 2017-09-14 10:16 | ムービースター画

作品『クレオパトラ』

a0146758_10412112.jpg

“Elisabeth Taylor as Cleopatra”

24.2×33.3cmCanvas board-oil painting

I drew Elizabeth Taylor of the 1963 American movie "Cleopatra".

 1963年の超大作『クレオパトラ』でのエリザベス・テイラー。まさに絶世の美女でした。。。。


[PR]
by Patch_It_Up | 2017-06-10 10:41 | ムービースター画

作品『セリーナ・カイル in GOTHAM』

a0146758_21174363.jpg
"Selina Kyle in GOTHAM"
16×24cm・ARCHES for oil painting paper-oil painting
This is Selina Kyle (young Catwoman) appearing in the TV series 'GOTHAM'. She is as a 17-year-old new actress Camren Bicondova. I think that she will become a star like Michelle Pfeiffer(Catwoman at BATMAN RETURNS).
 面白すぎるテレビシリーズ『GOTHAM/ゴッサム』に登場する不良少女、セリーナ・カイル。この、後のキャットウーマンを演じているのはキャムレン・ビコンドヴァ(Camren Bicondova)という現在17歳の新人女優で、「バットマン・リターンズ」でキャットウーマンを演じたミシェル・ファイファーの少女時代そのものと言える不思議美少女です。
 シーズン1ではまだ子供でしたが、現在放映中のシーズン3ではすっかり大人びてきました。将来はミシェル・ファイファーに匹敵する女優になること間違いないでしょう。「キックアス」のクロエ・グレース・モレッツと共に楽しみですな。
 クロエちゃんとの共演で「ヒットガール vs キャットウーマン」なんて映画を作ってくれないかなあ。。。。

[PR]
by Patch_It_Up | 2017-05-20 21:19 | ムービースター画

作品『エンジェル・ダスト (映画 デッドプールより)』

a0146758_14494839.jpg

“Angel Dust(Gina Carano)

17×25cmoil painting on ARCHES-oil paper

From the American movie "Deadpool", a beautiful bad woman "Angel Dust". I love such characters.

 マーベルコミックにしては低俗感満載でR指定にもなった映画『デッドプール』。この系統の映画の面白さでは『キック・アス』以来であるな。

 さて、この映画には訳の分からんキャラクターが大勢出てくるのであるが、その中でもピカイチだったのが悪の女ミュータント「エンジェル・ダスト」(「ワイルド・スピード EURO MISSION」にも出演していた女性格闘家のジーナ・カラーノが演じている)。この、ドロンジョ様と全盛期のブル中野を足して二で割ったようなキャラにワクワクだったのは私だけではないであろう。鋼鉄男コロッサスにブチのめされてオ○パイポロリ(コロッサスの手で隠れて見えないが)、のシーンがたまらんかったですな。。。。


[PR]
by Patch_It_Up | 2017-04-27 17:14 | ムービースター画

作品『女ガンマン、ラクエル・ウェルチ』

a0146758_11590098.jpg

”Gunfighter Raquel Welch”

16×16cmARCHES for oil painting paper-oil painting

My original work.

This is Raquel Welch who played the gunfighter in Western film "honey Calder" (1971) that produced in the U.K.

She was very sexy.

 1971年、英国で製作された『女ガンマン・皆殺しのメロディ』。タランティーノが『キル・ビル』の原点としたと言われる超B級西部劇。なぜにこんな低級映画を突如WOWOWが放映したのか分からないが、主演のラクエル・ウェルチが懐かしく最後まで観てしまった。ラクエル・ウェルチといえば、私が映画に目覚めた頃の世界的セックスシンボルであった。長身、グラマー、ブロンドといった米国の典型的セクシー女優の系統は、その後ファラ・フォーセット、シャロン・ストーンと続いた訳だ。そういえば最近こうした女優がいないね。

 さて映画であるが、ならず者三兄弟に夫を殺された上にレイプされたハニー(ウェルチ)が賞金稼ぎから銃の特訓を受け復讐するという単純なストーリー。ロバート・カルプ、アーネスト・ボーグナイン、クリストファー・リー、スティーブン・ボイドといった豪華キャストの起用も、ただウェルチを際立たせるためと思われる。スティーブン・ボイドなどはセリフ無しで2カットほど出てくる謎の牧師ガンマン。もしかしたら、ウェルチ&ボイドで続編を作る予定だったのかもと思わなければ、全く意味が分からん。

 まあとにかく、今風に言えばラクエル・ウェルチのPVって感じにしか思えない映画であるが、上半身ポンチョだけで、銃を構える度にチラリと見えるボディにワクワクして絵にした次第であります。。。。


[PR]
by Patch_It_Up | 2017-04-04 11:59 | ムービースター画