お部屋に絵を飾りましょう
by 棚倉樽
ご挨拶
福島に生まれ青森に育つ。18歳で画家を志し上京。紆余曲折の末、50歳にして画業に専念。油彩&水彩の風景画・人物画に日々取り組んでいます 。
facebookもよろしく→https://www.facebook.com/tarutana

★絵に関する問い合わせ等はお気軽にこちらへ→055.gif
カテゴリ
全体
古事記・絵物語
名画模写100選
美術見聞録
ロックスター画
ムービースター画
日本美人図
日本の趣
人物画
風景画
東京名所図会
松戸名所図会
日本名所図会
棚倉名所図会
希望の絵
立体造形
アスリートの肖像
個展・作品常設店
青木繁 考
岡本太郎 考
本・映画・音楽
思い出絵日記
若い頃の作品
絵画作品Tシャツ
怪談画
プロフィール
未分類
最新の記事
新宿・損保ジャパン美術館にて..
at 2018-12-11 15:34
作品『ビードル先生 (大草原..
at 2018-12-06 10:27
百田尚樹 著『日本国紀』を読..
at 2018-11-28 00:20
孫娘と私
at 2018-11-27 09:32
松戸市立博物館『ガンダーラ・..
at 2018-11-20 19:47
作品『オルソン夫人 (大草原..
at 2018-11-17 16:01
山種美術館で『日本画の挑戦者..
at 2018-11-15 15:05
作品『メアリー (大草原の小..
at 2018-11-06 13:20
作品『ローラとジャック (大..
at 2018-11-02 12:43
作品・古事記より序章『天地初発』
at 2018-10-27 14:32
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:日本名所図会( 18 )

作品『江ノ島追想』

a0146758_12351764.jpg

"Recollection of Enoshima"

31.8×40.9cmOil painting

I added a Japanese beautiful woman to the picture which I drew last year.

Island "Enoshima" of the lively sightseeing. However, there is the old hotel which seems to collapse.

 昨年の夏に描いた江ノ島の風景に和服のお姉さんを加筆しました。

 なんとなく「演歌の花道」調になりましたね。

遠い夏の日にあの人と過ごした海辺の宿。宿の姿は変わり果てたけれど、あの日と同じように白い船が静かに通り過ぎてゆくわ…」なんてね。。。。


[PR]
by Patch_It_Up | 2016-07-27 12:35 | 日本名所図会

作品『夏の終わり、腰越漁港』

a0146758_16464661.jpg

“A summer end"
27×20cm・Watercolor painting
This is scenery of the Koshigoe fishing port of Kanagawa. In the sea of the evening when people disappeared, there was one gull.
 9月2日、夕暮れ近い腰越を散策。江ノ島近くのこの辺りは源義経の「腰越状」で有名だね。
江ノ島を眺めながら桟橋を歩いて、ふと振り返ると、古びたブイに止まるカモメが一羽。「めっきり静かになって気持ちいいなあ」とお前さんは思っているのだね。夏の終わりを感じるのどかな光景でありました。。。。
[PR]
by Patch_It_Up | 2015-09-05 16:47 | 日本名所図会

作品『江ノ島の猫』

a0146758_20191076.jpg

"A cat of Enoshima"
20×27cm・Watercolor painting
Enoshima of 35℃. The cat which takes it easy at the entrance of the Shinto shrine. He murmured "It is hot".

江島(江ノ島)神社の入り口に佇む赤い首輪をした猫。35℃の気温に、「ふあ~、暑いにゃ~」とボヤいているようでありました。。。。
[PR]
by Patch_It_Up | 2015-08-13 20:19 | 日本名所図会

作品『江ノ島の富士』

a0146758_13575419.jpg

“The Enoshima and Mt. Fuji”
53×45.5cm・Oil painting
Small island "Enoshima" in Kanagawa are the places of the ascetic practices of the priest in the old times and are popular sightseeing in modern times.
The day when I came was clear and was able to see beautiful Mount Fuji. It was the same as the scenery that Hokusai and Hiroshige saw.
a0146758_1358119.jpg

[PR]
by Patch_It_Up | 2015-08-01 13:58 | 日本名所図会

作品『浅虫温泉の雪景色』

"Snow scene of Asamushi-onsen (Aomori)"
18×12.7cm・Watercolor painting
a0146758_16541427.jpg

これは青森の浅虫温泉駅前の風景です。10年程前の12月に訪れた際、奇麗な雪景色でありました。
傘をさす女性が眺めているのは「足湯」です。その背後にある大きな旅館は既に営業しておらず、その後改築され老人介護施設になったようです。右端が温泉街。奥にはあの「南部屋」がありました。
「東北の熱海」と呼ばれた賑わいは、もう戻らないのでしょうかねぇ。。。。
[PR]
by Patch_It_Up | 2014-01-20 16:58 | 日本名所図会

作品『寒立馬』

"Kandachime"
18×12.7cm・Watercolor painting
a0146758_1272962.jpg

午年ということで馬の絵を。
これは「寒立馬(かんだちめ)」という青森県下北半島尻屋崎で放牧されている農用馬です。一時9頭まで減りましたが、青森県の天然記念物に指定されてから40頭程に回復しました。その名の通り極寒の中で雪を被ってジッと立っている姿には感動すら覚えます。。。。
[PR]
by Patch_It_Up | 2014-01-04 12:09 | 日本名所図会

作品『常陸利根川の朝焼け(茨城 潮来)』

"The river of the morning glow (Itako-Ibaraki)"
18×12.7cm・Watercolor painting
a0146758_21294499.jpg

6年前に銚子から佐原、潮来までサイクリング旅行した際に見た朝焼けの風景を描きました。
千葉県香取の旅館に一泊し早朝潮来へ向かう。「常陸(ひたち)利根川橋」を渡ると潮来で、橋の上から朝焼けの常陸利根川を眺めました。左が茨城県潮来市、右が千葉県香取市で、それを繋いでいる鉄橋はJR鹿島線です。静寂が包む幻想的な風景に、旅情をそそられたのであります。。。。
[PR]
by Patch_It_Up | 2013-11-28 12:55 | 日本名所図会

作品『城ヶ島の交番』

"The police box in Jogashima (Kanagawa)"
12.7×18cm・Watercolor painting
a0146758_0254581.jpg

先日TVのニュースで私の好きな三浦半島南端の城ヶ島の風景が。五年前の夏、島に一泊したのが懐かしく思い出されました。ところが、ニュースは島でバーベキューする人々のマナーの悪さを訴える内容で、なんだか腹立たしかったですねぇ。ゴミもさることながら、バーベキューのコンロやらセットごと捨ててゆく者もいるようで…。本当に風光明媚な島なので、なんとかして欲しいものです。
島には二つの灯台があって、それを観に行くのが私の旅行の目的だったのですが、島に着いて宿を目指して歩いていると、最初に出迎えてくれたのが交番でした。まさか交番が灯台の形をしているとは思わず「ああ、島に来て良かったなぁ」と心が和んだのであります(笑)。
今年の夏も城ヶ島の交番のお巡りさんは忙しかったでしょうね。ご苦労様です。。。。
[PR]
by Patch_It_Up | 2013-08-25 00:27 | 日本名所図会

作品『横須賀 猿島にて』

"The beach, ramen noodles, and beer"
12.7×18cm・Watercolor painting
a0146758_13263047.jpg

横須賀大好きの私が5年前に行った猿島での風景です。
海辺で食すラーメンは、なんであんなに美味しいんでしょうね(笑)。ああ、今年は久々に横須賀で夏を満喫しようかな。。。。
[PR]
by Patch_It_Up | 2013-06-17 13:27 | 日本名所図会

作品『渡良瀬橋(八雲神社再建祈願)』

絵手紙(15×10cm)・透明水彩
a0146758_2256593.jpg

今日の産経新聞に、「八雲神社 再建申請へ」の記事が載っていました。昨年末に焼失した栃木県足利市にある八雲神社。森高千里の全国のファンたちが再建を望む声を同神社へ寄せているそうで、反響の大きさに同神社は神社本庁に再建申請をすることにしたそうです。
何故に森高のファンが声援を送ったのかというと、言うまでもなく森高のヒット曲『渡良瀬橋』に由来している訳です。この曲は、森高が足利工業大学の学園祭に招かれた時に足利の町を見てインスピレーションが湧き本人が作詞した曲で、歌詞には「今でも 八雲神社へ お参りすると あなたのこと祈るわ…」のフレーズがあります。その八雲神社の火災の翌日、森高が自身の公式サイトに「ショックな出来事に声が出ませんでした」とコメント、それを見たファンたちが動いたのでした。

2008年の4月、私は自転車ツーリングで足利を訪れました。当初は『渡良瀬橋』の歌に出てくる足利のスポットを巡る単独の計画を立てていたのですが、途中でグループ走行企画になってしまい、まったりとしたスケジュールが組めなくなりました。とりあえず帰路に渡良瀬橋附近で少し時間が取れ、歌にまつわる一ヶ所だけは押さえる事が出来たのでありました。
想像していたイメージと違い、近代的で立派な橋でした。しかし、土手に咲く菜の花と山の満開の桜との間に浮かぶ渡良瀬橋の姿は、実に壮麗でありました。そして真っ青な空と渡良瀬川の静かなせせらぎが重なり、森高の歌そのももの爽やかな情景に浸ったのであります。汗だくのオッサンではなく、森高のような女性が自転車で通り過ぎるのがピッタリでした(笑)。

八雲神社は、7月の夏祭りまでの再建を目指すそうです。
今度は、電車に揺られ足利を訪れて、再建された八雲神社へお参りして、渡良瀬橋から夕日を眺めてみたいものであります。。。。
[PR]
by Patch_It_Up | 2013-01-29 00:27 | 日本名所図会