お部屋に絵を飾りましょう
by 棚倉樽
ご挨拶
福島に生まれ青森に育つ。18歳で画家を志し上京。紆余曲折の末、50歳にして画業に専念。油彩&水彩の風景画・人物画に日々取り組んでいます 。
facebookもよろしく→https://www.facebook.com/tarutana

★絵に関する問い合わせ等はお気軽にこちらへ→055.gif
カテゴリ
全体
古事記・絵物語
名画模写100選
美術見聞録
ロックスター画
ムービースター画
日本美人図
日本の趣
人物画
風景画
東京名所図会
松戸名所図会
日本名所図会
棚倉名所図会
希望の絵
立体造形
アスリートの肖像
個展・作品常設店
青木繁 考
岡本太郎 考
本・映画・音楽
思い出絵日記
若い頃の作品
絵画作品Tシャツ
怪談画
プロフィール
未分類
最新の記事
待望の内孫誕生
at 2018-09-21 01:01
作品『We love 安室奈..
at 2018-09-11 17:14
作品『黒書院の六兵衛』
at 2018-09-02 18:28
作品『縄文展の少女』
at 2018-08-26 17:17
東京国立博物館『縄文展』へ行く
at 2018-08-25 20:00
消えた駅前喫煙所 in 松戸
at 2018-08-22 14:39
作品『夏の終わり、ケイコの浴..
at 2018-08-20 17:43
作品『白木リン (ドラマ「こ..
at 2018-08-11 17:50
作品『マリコのシュークリーム』
at 2018-08-09 21:47
作品『窓際のこずえ』
at 2018-08-07 17:44
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:若い頃の作品( 6 )

若い頃に描いた「ピンク・レディー」の絵

『Pink Lady』 ボールペン、万年筆、墨・11×15cm ※画像クリックで拡大
a0146758_0233821.jpg

春めいてくると押し入れの整理をしたくなる私です(笑)。
で、古いスケッチブックを発見。高校生の頃から20代前半まで使っていたスケッチブック…。ほとんどが公開出来ない若き欲望と野望の殴り描きばかりで、ひとり赤面してしまいました(笑)。
その中にあって、あの頃大好きだったピンク・レディーを描いたイラストに目が留まりました。おそらく高校三年生頃の作品。ん〜、なかなかの出来です。あえて目を描かずに二人の個性的な表情を表現する発想はどこからきたものなのか…。
35年程前の自分の作品に刺激される私なのでありました。

ちなみに、あの頃は絶対的ミーちゃん派でしたが、40代になって以降は俄然ケイちゃんが好きになったのであります。。。。
[PR]
by Patch_It_Up | 2012-04-03 00:25 | 若い頃の作品 | Comments(2)

17歳の絵

『ミユキ』 鉛筆画・B4
a0146758_4103635.jpg

大酒飲んで帰宅した昨夜、ふと大昔に描いた一枚の絵を思い出し引っ張り出してみた。
裏には「1976年8月26日」とだけ書いてある。
高校三年の夏だな。青森に暮らした最後の夏…。
左下の木はリンゴの木。遠くに見えるのは岩木山をイメージしている。
首女のモデルは、同級生のミユキ…。死ぬ程好きだった女の子…。
記憶にあるのは、ミユキに「受験勉強があるからもう付き合えない」と言われ、悲しみと怒りにまかせて描いたことだ。まるで俺が絵やロックにかまけて遊んでいるかようにケナされたと思ったのである(笑)。
精神鑑定するまでもないこの単純な性格と感性は、今も変わらないなと苦笑した次第である。そして、人間関係の中では抑えなければならない感情も、絵の世界では遠慮無しに表現出来るものだなと再認識したのである。
酔っ払いの独り言だね(笑)。。。。
[PR]
by Patch_It_Up | 2010-07-26 04:13 | 若い頃の作品 | Comments(4)

プロレスラーの似顔絵

何気に押し入れの段ボールを整理していたら、高校時代に雑誌に掲載されたイラストの切り抜きが出てきた。この10年探していたのだが、いとも簡単に見つかった(笑)。
イラストは、馬場さんなどプロレスラーの似顔絵である。
最初に応募したのは週刊明星。ハガキにボールペンで描いた馬場さんの絵が載せられた。失神するくらい嬉しかったなぁ(笑)。謝礼は確か1000円だったような。
a0146758_1636129.jpg

これに気を良くして、次に投稿したのが「月刊プロレス」。
これも読者の広場的なコーナーに載った。ん〜あの当時は年齢・住所まで書かれていたのだなぁ。16歳…35年も前かぁ(笑)。謝礼はやはり1000円。
a0146758_1637590.jpg

こりゃいい小遣い稼ぎになるなってんで、次々にベース・ボールマガジン社にイラストを送りつけ、そのうちに一読者の投稿扱いではなく、カットとして使われるようになった。
ミル・マスカラスを描いた絵にある「読者のリング」の文字は編集側が入れたもの。
a0146758_16392385.jpg

a0146758_16401741.jpg

a0146758_1641674.jpg

とうとう最後には、記事の見出しに大きく使われるようになった。
謝礼も2000円に上がり、なんだか夢のような気分であった(笑)。
a0146758_1641473.jpg

そして、大いに勘違いした田舎の高校生は、「高校を卒業したら御社で専属イラストレーターとして働きたいのでよろしくお願いします」といった手紙をベース・ボールマガジン社へ送ったのである(笑)。
返事は、もちろん無かった。それでも、その後何度もイラストは採用された。
謝礼で何枚もエルヴィスのLPが買えたなぁ……。

そのうちに油絵を描き始めたりで投稿も疎かになってしまったのであるが、あのまま継続していたらイラストレーターとしてのチャンスが巡ってきたのかも知れないなぁ、などと今更悔やんでいるのでR。。。。
[PR]
by Patch_It_Up | 2010-04-06 16:45 | 若い頃の作品 | Comments(2)

「ふたり」

万年筆&サインペン・画用紙  F8(45.5×38cm)※モザイク処理しました。
a0146758_10189.jpg

先日の「ギャラリーバー COLORS」で若いアーティストの絵を拝見して、「ああ、俺も同じような感覚で絵を描いていたなぁ」と懐かしくなり、昔のスケッチブックを引っ張り出してみました。
21歳、元妻と同棲していた頃の作品。。。。
[PR]
by Patch_It_Up | 2010-02-25 01:04 | 若い頃の作品 | Comments(2)

ノーマ・ジーン

鉛筆画・F4(24.2×33.4cm)
a0146758_16545231.jpg

中学三年の頃、マリリン・モンローの伝記小説の巻頭に載っていた写真を見て描いた絵です。
まだ本名のノーマ・ジーンとしてモデルの仕事をしていた18歳の愛くるしい姿に魅せられて、自分の部屋に飾るポスターの感覚で描きました。
この絵の出来に気を良くした私は、その後エルヴィスやモハメド・アリや天地真理(笑)などの手描きポスターを沢山描いたものです。
今思えば、そうやってデッサン力を身に付けたのでしょう。
[PR]
by Patch_It_Up | 2009-12-02 16:56 | 若い頃の作品 | Comments(0)

竜飛崎

油彩・F40(80.3×100cm)
a0146758_17564099.jpg

青森県津軽半島の突端、竜飛崎(たっぴざき)をモチーフにした作品です。
私は青森の高校を卒業後上京したのですが、東京での生活にようやく慣れた二十歳の時にこの絵を描きました。
竜飛崎を「龍が飛ぶ岬」として表現するとは何とも若造らしい発想ではありますが、画家になりたいという野望と、都会に暮らす孤独感、素直な望郷の思いが入り混じった熱情が溢れていると思います。
当時、横山大観の劇的空間表現に感銘を受けた私は、竜飛崎こそ日本画的構図と神話的空想を展開させるに相応しいと直感し、一気にこの絵を描き上げたのです。
実際には竜飛崎へは小学生の頃叔父に連れられて一度行ったきりで、週刊誌に載っていた崖の部分だけのモノクロ写真からイメージを膨らませました。

30年間、この絵は様々な境遇にさらされながらも私の手元に残りました。
40号の大きさは現在の住環境では飾る場所もなく、しばらく台所の壁に裏返しで立て掛けておいたのです。一ヶ月程前に恐る恐る見てみると、埃やヤニや油で全体がくすみ、大小のキズも無数にありました。洗浄による修復を試みましたが原形に戻すのは無理でした。
よって、部分的に絵具を上塗りする、いわば30年後の加筆作業になったのです。
まるで、20歳の自分と50歳になった自分の共同制作のような創作は実に楽しいものでした。空白を埋めるように完成させたこの絵は、威風堂々と私に迫ってきました。
[PR]
by Patch_It_Up | 2009-11-06 17:53 | 若い頃の作品 | Comments(2)